最新月例会案内

最新月例会案内 Announce

開催日時 2018年1月12日(金) 18時30分
場所 筑波大学附属高校
テーマ 日本と中国のユース年代のスポーツ環境を考える −中国のサッカー指導者との情報交換会(仮題)
コメント ≪2018年1月(通算257回)月例会案内(案)≫

【日 時】2018年1月12日(金)18:30〜20:30

【会 場】筑波大学附属高校3F音楽室(会議室の隣)

 文京区大塚1-9-1(有楽町線護国寺駅下車徒歩7分または丸の内線茗荷谷駅下車徒歩8分。お茶の水女子大裏。校門を入って直進。高校前庭に面した1F体育教官室から校舎内に入り3F。校舎内土足可)

注1)校門が閉まっていたら中塚携帯(090-1423-9289)にTELしてください。門を開けます。

注2)終了後は護国寺方面の中華料理屋「ルン」跡地の「景宜軒」(03-6902-1369)に繰り出します。

【テーマ】日本と中国のユース年代のスポーツ環境を考える

−中国のサッカー指導者との情報交換会(仮題)

【話題提供者】中塚義実(筑波大学附属高校)

鈴木稔(オーシャンズジャパン株式会社)ほか中国からご参加の指導者

【概 要】中国北京市に本社を置く「オーシャンズマーケティング社」主催で、1月7日〜13日、中国からサッカー指導者10数名が「日本サッカーインスペクションツアー」で来日します。高校サッカーを観戦したりJクラブの指導現場を視察するなど、受け入れの日本支社「オーシャンズジャパン株式会社」(鈴木稔氏)が魅力的なツアーを企画しています。その一環で「日本の学校体育(体育の授業と運動部活動)」視察のため筑波大学附属高校を訪れた中国の指導者たちと、日中の育成年代のスポーツ環境について情報交換するというのが1月の月例会です。

 NPOサロンでは12月の月例会で「学校運動部のいま」を取り上げました。近代スポーツ導入期から学校が担い手となってきた育成年代の日本のスポーツ。とくに放課後の部活動は青少年にとって貴重なスポーツ経験の場となっています。さまざまな課題があることも含め、まずは日本の部活動と、筑波大学附属高校の現状について紹介します。

サッカー界ではクラブユースという選択肢もあります。こちらもJクラブや街クラブなど多種多様です。さらに、NPOサロンが深くかかわりながら、ユース年代のフットサルも劇的な展開を見せ始めています。女子のサッカー・フットサルにも言及しながら、日本のユース年代のサッカーの現状を中国の指導者に紹介し、日中の育成年代のサッカー環境を比較しながら意見交換しようと思います。

注)使用言語は日本語です(通訳がつくのでご安心ください)

【参加申込】サロン2002のHPからお申し込みください。参加費1,000円です。

【報告書作成者】募集中

出欠確認フォーム Announce

お名前
参加/不参加  
一言コメント
削除用PW
※予定を変更される際に必要なパスワードです。
半角英数字の4文字を登録してください。

参加・不参加一覧 Announce

  • 参加者一覧
  • 安藤裕一  「日中のユース環境の比較、興味深いです。」
  • 岸卓巨  「今回は6時半開始ですので、お気をつけください。」
  • 小池靖  「19時過ぎから参加します。中国の育成の方々のお話を楽しみにしています」
  • 中塚義実  「どんな情報交換会になるのでしょう。楽しみです。」
  • 奥崎 覚  「気になります!よろしくお願いします。」
  • 笹原勉  「通訳お手伝いします。」
  • 守屋 俊秀・佐栄  「GWにU-14国際大会がありますが、毎年北京は弱い。なぜだろう?」
  • 斎藤 芳  「近隣アジアの育成現場の声、大変興味深いです、よろしくお願い致します。」
  • 張 寿山
  • 欠席者一覧
  • 欠席者はいません。

削除用PW  
※削除・変更をご希望の方は、ご自身のお名前の横にあるチェックボックスに印を入れ、削除用パスワードを入力した上で削除して下さい。

PAGE TOP